役員候補者選定規程

役員候補者選定規程

(目的)

第1条
 本規程は、産業能率大学校友会会則(以下、会則という)第7条にもとづき役員候補者の選定方法について定める。


(会長候補者および副会長候補者)

第2条
 会長候補者および副会長候補者は理事会が推薦する。


(理事候補者)

第3条
 理事候補者は、次の各号のいずれかを満たした者とする。
 (1)自らを除く会員10名以上の署名による推薦を以て理事候補者として届け出た者。
 (2)理事会により推薦された者。


(監事候補者)

第4条
 監事候補者は理事会が推薦する。


(改選の公示)

第5条
 理事会は、役員の改選を行う場合は、改選を行う前年度の10月末日までに産業能率大学校友会ホームページ(以下、ホームページという)にその旨を公示する。


(理事候補者の届出)

第6条
 理事候補者として届け出る者は、改選の公示後、90日以内に理事会に届け出なければならない。
 2 理事候補者として届け出る者は、届出に際して会員10名以上の署名の記された推薦状を理事会に提出しなければならない。ただし会員が複数の理事候補者を推薦した場合、かかる会員からの推薦状は無効とする。


(理事候補者選定委員会)

第7条
 理事候補者が会則に定める定数を超えた場合、理事会は候補者選定委員会を設置する。
 2 候補者選定委員会は理事会の諮問を受け候補者の選定を行い、理事会に答申する。理事会は、候補者選定委員会の答申をもとに、理事会全構成員の過半数の賛成をもって理事候補者を決定する。
 3 候補者選定委員会は、理事で構成される。


(役員候補者の公示)

第8条
 理事会は、総会の30日前までに役員候補者を選出しホームページで公示する。


(規程の変更)

第9条
 本規程の改廃は、理事会の議を経て、会長が行う。


附則

1.この規程は、2008年6月28日より施行する。